来栖裕子プロフィール

来栖(くるす)裕子(ゆうこ)(社会福祉士)1956年生まれ
接触介話(タッチランゲージ・コミュニケーション)開発者
きゅるきゅるポン教材開発及びインストラクター養成企画者
来栖裕子プロフィール お話し『はいいろぼしときゅるきゅるポン』文 / 来栖裕子
来栖裕子プロフィール 歌『きゅるきゅるポン』作詩・作曲・歌 /      〃
来栖裕子プロフィール ダンス『レッツダンス・きゅるきゅるポン』振付け / 〃
来栖裕子プロフィール 紙芝居・人形劇『コッコ先生のミミズ狩り』台本 /  〃

来栖裕子プロフィール

30代での喪失体験を機に大学で人間学・心理学・教育学を学ぶ。40歳で社会福祉士資格取得(その他の取得資格は後述)。
以降実践を重ねながら、ホームヘルパー養成機関や東京都失業者職業訓練講座、大学や福祉専門学校などで福祉専門職の養成にあたる。
生徒からは実践的で、楽しく、わかり易く、他では学べない稀有な授業と高い評価にある。

また上記に加え、東京都や千葉県の福祉施設調査員、執筆活動、児童への福祉教育等、多彩な活動に一貫して‘福祉の質の向上’と‘当事者の力を活かす福祉’を探求し続ける実践家。
2011年に接触介話のメンタルハンドケアセミナーを東京、千葉を中心に開催。高齢者や患者への反響に加え、子どもへの反響も大きく、事業立ち上げ時の東北大震災や自身の体験から、セミナーの内容の一部を、子どもに解りやすく伝える必要性を強く感じ、20012年2月に今回の「きゅる きゅる ポン」のCD教材開発となる。

◆資格
社会福祉士/介護支援専門員/アクティビティ教員/メンタルケアスペシャリスト/認知症ケア専門士/ホームヘルパー2級/美容師ほか

◆著作
『精神保健福祉士になる最短合格法』2004年編著安藤亘(中経出版発行)の「老人福祉論」の執筆担当
『社会福祉士・精神保健福祉士 実習前後教育必読教本』2005年(慈恵教育科学研究所発行/編著安藤亘)「介護概論」の執筆担当
子どもの福祉教育書『流された村』平成2003年執筆


問い合わせ

タッチランゲージ協会
【代表】来栖(くるす)裕子(ゆうこ)
【住所】千葉県千葉市花見川区さつきが丘1-35-7-302
【電話】080-1376-3550/【FAX】043-309-9138


ページの上部へ移動


HP制作協力:RBC'sRecords

RBC'sRecords

千葉県船橋市前原西 2-14-1 ダイアパレス津田沼912号/電話:047-472-8102

RBC's船橋スタジオ

玉城まさゆき