「憲法フォークジャンボリーin 東京2017」の開催日時は、以下のとおりです。

■8月4日(金)午後4時〜午後8時(午後3時30分開場)

■8月5日(土)午後1時〜午後8時(午後0時30分開場)

■8月6日(日)午後1時〜午後7時(午後0時30分開場)

募集開始日は、4月3日(月)からです。また、募集については、以下の2つの方法のみで行います(郵送不可
【FAXによる募集】労音お茶の水センター/FAX:03-5615-8760
【メールによる募集】メール kfjintyo@gmail.com

※なお、募集開始日(4月3日(月))より前の申込みは無効としますので、ご注意ください。ご理解のほどよろしくお願いします。
憲法フォークジャンボリーin東京2017実効委員会


憲法フォークジャンボリーin東京とは

戦争を放棄した憲法9条を多くの人に広げようと2005年に上野で平和のイベントが開催され、その後その取り組みは全国に広がり2007年より東京でin東京として生まれました。9条や平和について様々な意見を自由に発言し、交流する場として、またお祭りの楽しさの場として続いています。

憲法フォークジャンボリーin東京「2017に参加しませんか」

 新たな混迷の時代に平和憲法の輝きを

本年1月、不法移民を防止すべく、トランプ大統領が長大な壁を築こうとしているアメリカ・メキシコの国境線を挟み、メキシコの詩人がギターを奏で、アメリカ側からはバイオリン奏者が現れ、即興合奏と相成り、両国の民衆がその場に集い喝采に沸く、という出来事がありました。この、小さくも深い意義を持つ奇跡を、私達は心に留めましょう。極端な排外主義思想を持つトランプの登場と西欧先進社会の右傾化、そして我が国、安倍政権の恥知らずな程の改憲への突進ぶりは、強い国の中の強い者のみが生き残る未来を目指す恐ろしい潮流だと言えます。昨年10回目を迎えた「憲法フォークジャンボリーin東京」は、この様な流れに抗し、今年も開催します。民主主義を求める国会周辺での新たなうねりや、辺野古・高江での闘い、また福島での取り組み等と呼応した経験を糧に、国境線での奇跡に示された“音楽の力”を信じて、恒久平和の礎となるよう更に前進します。平和を愛する諸国民のつながりを促し、ともに「戦争の放棄」を高く掲げましょう。


憲法9条,憲法フォークジャンボリーin東京

新着/更新情報

憲法フォークジャンボリーin東京 2016年04月07日、【憲法フォークジャンボリーin東京】2016年用に申し込みフォームなど更新しました。
憲法フォークジャンボリーin東京パンフレット 2016年01月10日、【憲法フォークジャンボリーin東京パンフレット】過去の様子「パンフレット」追加しました。


憲法フォークジャンボリーあじさい新聞 2015年11月27日、【2015年あじさい新聞】過去の様子に掲載しました
KFJin東京、表現者YouTube映像 2015年06月30日、【表現者YouTube映像】表現者YouTube映像、新設ページを追加しました。
KFJin東京2015どんぐり呼びかけ 2015年05月11日、【KFJin東京2015どんぐり呼びかけ】YouTube映像を追加しました。
憲法フォークジャンボリーin東京パンフレット 2015年04月04日、【憲法フォークジャンボリーin東京パンフレット】過去の様子「パンフレット」追加しました。
憲法フォークジャンボリーin東京 2015年04月04日、【憲法フォークジャンボリーin東京公式Webサイト】2015年版に更新しました
憲法フォークジャンボリーあじさい新聞 2015年01月21日、【2014年あじさい新聞】過去の様子に掲載しました


QRcode憲法フォークジャンボリーin東京 2014年05月06日、メニューに【憲法フォークジャンボリーin東京公式Webサイト】QRコード設置しました。
憲法フォークジャンボリーin東京 2014年05月04日、【憲法フォークジャンボリーin東京公式Webサイト】正式公開スタート!
憲法フォークジャンボリーin東京 2014年04月26日、メニュー下に、twitterとFacebook「いいね」「シェア」ボタン設置しました。
憲法9条フォークジャンボリー 2014年04月21日、【表現者応募】【広告応募】【出店/出展応募】
憲法9条,憲法フォークジャンボリーin東京 2014年04月15日、【憲法フォークジャンボリーin東京公式Webサイト】が出来ました!
憲法9条フォークジャンボリー 2014年04月07日、【憲法フォークジャンボリーin東京公式ブログ】が出来ました!

憲法9条(条文)

1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

ARTICLE 9.

1、Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.

2、In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

憲法フォークジャンボリーin東京【会場】東京労音R'sアートコート-地図-

【お問い合せ】メール kfjintyo@gmail.com


MAIN MENU

募集

リンク


憲法フォークジャンボリー表現者(出演者)相互リンク

憲法フォークジャンボリーin埼玉